TOPmilestoneの運用例資金繰り表を作成する
最終更新日 : 2021/03/16

資金繰り表を作成する

銀行口座を登録します。

銀行名と支店名を登録し、直近の口座残高を入力します。

銀行口座を登録します.png

取引を登録します。

今後発生する入出金予定を登録します。

取引の登録.png

※インポート機能を使って、効率的に取引を登録することもできます。

インポート.png

資金繰り予定表が完成します。

「月次資金繰り表」と「口座別日次資金繰り表」が完成します。

【月次資金繰り表】

取引先グループ化月次資金繰り表.png

中長期的な将来の予定を立てることができます。
グループ別で集計された月次資金繰り表を確認できます。

【口座別日次資金繰り表】

口座別日次資金繰り表.png

短期的な資金の予定を立てることができます。
日々の入出金管理ができます。

【応用編】残高調整をします。

過去に資金繰り表を作成しており、実績への更新ができていない場合でも残高調整
を使うことで直近の実残高に置き換えた上で再計算された資金繰り予定表をすぐに
確認することができます。

milestoneは将来の予定を概算で入力することができるため、milestone上の残高と
実際の残高が異なることが想定されます。
また、予期しない入出金が発生していた場合も残高にズレが生じます。

残高を調整します.png

残高調整後に、入力できていなかった取引を登録した場合は、残高はそのままで、
調整額が更新されます。

【月次資金繰り表】

残高を調整する3.png

【口座別日次資金繰り表】

残高を調整する2.png

残高調整をすると金額の横に「※」が表示されます。
正しい残高を入力することで、直近の実残高に置き換えた上で再計算された資金繰り予定表をすぐに確認できます。

milestoneを使った資金繰り表の作り方動画はこちら

関連する質問